日経ビジネス 2002/10/07号

小さなトップ企業 経営
イーアールシー(分析用脱気装置の製造) 特許を取らず製法技術守る

 液体に溶け込んだ物質に光を当てると、物質によって異なる角度で光を屈折させる。そうした屈折率を計測する示差屈折計測器を用いれば、液体に溶け込んでいる成分を短時間で識別できる。病院で血中の成分を検査したり、警察が飲み物に含まれる毒物を調べたりする時に、この分析方法は使われる。(78〜79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3084文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
イーアールシー
update:19/09/24