日経ビジネス 2002/10/07号

時流超流・トレンド
早ければ今月にも、米・英のイラク攻撃 日米経済に大打撃の可能性

 9月末、英国政府はイラクの大量殺戮兵器の危険性に対する報告書を発表した。イラクは自力で5年以内、他国からの支援を受ければ、2年で核兵器を開発する能力があるという。生物兵器や化学兵器も保有していると見られており、射程距離1000kmという長距離弾道ミサイルの開発も近いという。 イラクは国連による査察の受け入れを表明した。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3248文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
英国政府
英王立国際問題研究所
update:19/09/24