日経ビジネス 2002/10/07号

本 新刊の森●パーソナル 痛みの先に何があるのか
新たな需要を生む改革が必要
『痛みの先に何があるのか』

 小泉純一郎内閣の構造改革は、特殊法人改革や不良債権処理に注目が集まりがちだ。失業増加など“痛み”が目立つために「痛みの先の展望が見えない」といった批判も生じている。しかし、小泉改革で現在進めているのは、新たな需要を生み出し、消費と雇用を増やす「需要創出型の構造改革」だとして、本書でその全体像を紹介する。 まず、産業の発展と経済成長の関係を詳しく論じる。(97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:636文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24