日経ビジネス 2002/10/07号

本 9月のベストセラー パーソナル
ベストセラーを斬る 国債の危機説に迫る

 2002年度末の日本の長期債務残高は693兆円に達すると予想され、そのうち約500兆円を国債が占める。9月には応札不足のため長期国債が初めて売れ残り、国債市場暴落の予兆かとささやかれる一幕もあった。国民には絶対安全と信じられてきたがゆえに、馴染みの薄い国債という名の借金は、実態がいかなるもので、危機説に信憑性はあるのか。(100ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:628文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
update:19/09/24