日経ビジネス 2002/10/07号

技術者の眼 コラム
技術力で復活した日本の造船業 唐津  一[東海大学教授]

 今、造船業がすごい。先日、国内最大手である三菱重工業の増田信行会長に会ったら、「造船業は世界一の座を取り戻したので、ぜひ現場を見てほしい」と言われた。世界シェアが昨年40%となり、ライバルの韓国を再び抜き返したという。 そこで神戸の造船所に行ってみた。5万トンのコンテナ船を5隻連続で造っていたが、最初の船は3カ月で船台を離れる。(102ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1703文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 船舶
【記事に登場する企業】
東海大学
update:19/09/24