日経ビジネス 2002/10/21号

新社長の履歴書 人物
有馬 利男 氏[富士ゼロックス] 強い現場支える静かな熱血漢

 昨年3月、それまで50対50だった日米の親会社の株式保有比率が変わり、富士写真フイルムが75になった。かつては両社の決算書に持ち分法に基づく利益だけを計上していればよかったのが、資産や負債まで富士写の貸借対照表に記載されることになり、社内には戸惑いが広がっている。 そんな中で、海外子会社のトップから突然の新社長への抜擢。(106〜107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1185文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
富士ゼロックス
update:19/09/24