日経ビジネス 2002/10/21号

時流超流・トレンド 緊急特集 株安暴風圏 存亡を賭ける日本経済
竹中路線につまずきのリスク 寄ってたかって梯子はずし

 9月30日の改造小泉純一郎内閣の発足以降、株式市場では不穏な噂が絶えない。例えばその1つにこんなものがある。「銀行が保有株を売りに出して、危機を演出している」——。 普通に考えれば、保有する株式の価格下落が株式評価損の増大を生み、自己資本比率の下落につながっている銀行が、評価損どころかそれ以上の損を実現させかねない株の売却に動くはずはない。(148〜149ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2902文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24