日経ビジネス 2002/10/21号

時流超流・トレンド 緊急特集 株安暴風圏 存亡を賭ける日本経済
それでも不良債権はなくならない 企業再生を阻む3つのハードル

 「リップルさんにはよくやっていただいた。ここまで引っ張って申し訳ないという気持ちです」。自動車用金型メーカー、オギハラ(群馬県太田市)の荻原栄一社長は肩を落とす。今年6月、米投資会社のリップルウッド・ホールディングスによる買収計画が表面化して以降、リップルとの膝詰めの交渉に加え、マスコミの取材攻勢も激しさを増した。(150〜155ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8898文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
岡島
オギハラ
update:19/09/24