日経ビジネス 2002/10/21号

時流超流・トレンド 緊急特集 株安暴風圏 存亡を賭ける日本経済
フジタ、奈良建設…不良債権処理に新手法 企業分割、営業譲渡で再建?

 小泉純一郎改造内閣が過剰債務企業の整理を推進しようとしている。草刈り場になりそうなのがゼネコン(総合建設会社)・不動産業界。過去に債務免除を受けた企業を中心に「法的整理もやむなし」との声が一部に強まっているが、準大手ゼネコンのフジタの再建策が法的整理と一線を画す手法として改めて業界の関心を集めている。(156〜157ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3603文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
エヌ・エー建設
大京
フジタ
update:19/09/24