日経トップリーダー 2002/10/01号

社長大学
島野喜三  第1回 世界市場を相手に技術を追求 ブランド確立で顧客をつかむ

自転車部品の製造を事業の核にするシマノは、高性能を評価されて世界市場で揺るぎないブランドを築き上げている。大阪府堺市で創業してから約八〇年、売り上げの約八割を輸出で稼ぎ、世界九カ国に生産拠点を設けている。創業者、故島野庄三郎氏の三男である島野喜三会長は、成功の最大の要因として、世界を見据えた技術の追求を挙げる。(104〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4552文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
【記事に登場する企業】
シマノ
update:19/09/24