日経トップリーダー 2002/10/01号

経営の科学
戦略立案の前提条件として 外部の変化と自社の強みを分析
グロービス・マネジメント・インスティテュート 東方雅美

経営者は日々の仕事に追われるだけでなく、時には事業戦略を見直してみる必要がある。それには自社を取り巻く外部環境と自社内部の強み・弱みを分析することが前提条件だ。今回はその枠組みを紹介する。ケース 食品スーパーのB社は、海外からの輸入食品などの高級食材を中心に品ぞろえを行っている。社長は設立一五周年を機に従来の戦略を見直すことを決めた。(122〜123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2559文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
グロービス・マネジメント・インスティテュート
update:19/09/24