日経ビジネス 2002/10/28号

時流超流・トレンド 存亡を賭ける日本経済 迷走する政策
幻と消えた竹中プラン 一気呵成の銀行国有化に自民党包囲網

 「もはや竹中(平蔵経済財政・金融担当相)案は日の目を見ない。クーデターにあった気分だ」——。10月22日の夕方、予定されていた記者発表が急遽中止になったことを聞いた「金融分野緊急対応戦略プロジェクトチーム(特別チーム)」の周辺は無力感に包まれた。何が起こったのか。(6〜8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3834文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
金融分野緊急対応戦略プロジェクトチーム
update:19/09/24