日経ビジネス 2002/10/28号

時流超流・トレンド 存亡を賭ける日本経済 土壇場の企業
ダイエーだけに救いの手 日本政策投資銀行が100億円出資、お墨つきの効果は

 ダイエー中間決算発表の前日である17日、日本政策投資銀行も巻き込んだ「ダイエー企業再建ファンド」の新規設立が発表された。ファンドに対し、UFJ銀行、三井住友銀行、みずほコーポレート銀行の主力3行が、債務の株式化によって取得したダイエーの議決権付優先株400億円・普通株100億円の計500億円を現物出資したうえ、政策投資銀が100億円を現金出資する、というものだ。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3527文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
金融庁
経済産業省
ダイエー
日本政策投資銀行
みずほコーポレート銀行 
三井住友銀行
UFJ銀行
update:19/09/24