日経ビジネス 2002/10/28号

特集 道路倒産 官業はなぜ暴走するのか 第1章
それでもまだ橋が欲しい 「本四架橋」3本に加え、また2本

 少し色あせた看板にはこう書かれていた。「今、海峡越えて見えてくる感動のメッセージ」。 その横には大きな字で「豊予海峡ルート」とある。看板は道路建設の促進を訴えるもののようだ。 松山市から車で約2時間、愛媛県の北西端に突き出た佐多岬半島の突端にある三崎町の港にその看板はある。海に囲まれたのどかな街並みに、看板はどこか不釣り合いな感じを否めない。(28〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4923文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
首都高速道路
日本道路公団
阪神高速道路
本州四国連絡高速道路
update:19/09/24