日経ビジネス 2002/10/28号

特集 道路倒産 官業はなぜ暴走するのか 第3章
組織が内包する病理 日本軍、国鉄、道路公団に見る敗北の系譜

 1942年6月、連合艦隊のほぼすべてに当たる決戦兵力が投入されたミッドウェー海戦は、太平洋戦争の帰趨を決めるターニングポイントだったと言われる。前年12月の真珠湾攻撃から半年、連戦連勝を重ねてきた日本海軍は、この戦いで主力空母4隻を失う大敗を喫した。 敗因は様々に分析されている。作戦目的の複雑性と、それに矛盾した艦隊配置。(36〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6329文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
日本道路公団
update:19/09/24