日経ビジネス 2002/10/28号

現地報告 リポート
読めない戦時経済リスク 米のイラク攻撃、FRB議長にも予測不能

 米英両国によるイラク攻撃の「Xデー」に向けて、緊迫が高まってきた。米議会は武力行使を支持する決議を採択し、間近に迫る国連安全保障理事会の決議は先進国の共同歩調を印象づける見通しだ。ブッシュ米大統領にとって開戦の最低限の条件はそろいつつある。だがニューヨーク市場ではダウ工業株30種平均が一時7000ドル台に落ち込み、景気には再び後退色が出始めている。(182〜185ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6649文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
米連邦準備理事会(FRB)
update:19/09/24