日経ビジネス 2002/10/28号

第2特集 2030年豊かになる県、貧しくなる県
国家の設計図を描き直せ

 人口減少社会の突きつける現実は厳しい。少子・高齢化の弊害として語られる、社会保障制度の破綻や年金の個人負担の増加は、その一側面にすぎない。最も深刻なのは、生産要素である労働力が減少することで、所得そのものが落ち込み、結果として経済が縮小することにある。(174ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1555文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
経済社会総合研究所
内閣府
update:19/09/24