日経ビジネス 2002/10/28号

一刀論断 コラム
卵で分かった顧客ニーズ 食の安全は企業が守れ 高野  秀雄[タカノ社長]

 1996年。私が鶏卵工場を新設しようとした時、鶏卵業界の誰もがそうささやき合った。私が作ろうとしていたのは、衛生状態が厳密に管理され、サルモネラ菌や大腸菌といった食中毒の原因菌が一切いない卵を生み出せる日本で初めての鶏卵工場だった。 鶏卵工場ではどこでも、養鶏農家から届けられた卵を大きさごとに分け、スーパーに並ぶようなパックに包装している。(200ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1734文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
タカノ(鶏卵)
update:19/09/24