日経ビジネス 2002/11/04号

時流超流・トレンド 存亡を賭ける日本経済
堺屋太一氏が迷走する金融行政に緊急提言 銀行は豊臣秀吉を登用せよ

日本の金融システムの再生には金融思想の転換と自由な市場の形成、そして外部人材の登用が必要だと説く。 金融機関への公的資金注入が議論になっていますが、場当たり的な対応というほかありません。ただ単に公的資金を入れたところで、この先どうやって儲けるのか、銀行の収益性を高める議論がまるで欠けている。これでは不況が来るたびに税金を投入しなければならなくなる。(9〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4981文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24