日経ビジネス 2002/11/04号

時流超流・トレンド 存亡を賭ける日本経済
米専門家に聞く金融改革
人材不足が最大の問題 ロバート・ダガー RCCは売却機関に ウィリアム・シードマン

 9月、小泉純一郎首相が訪米しブッシュ米大統領と会う前に、私は企業再建専門の弁護士であるリチャード・ギトリン氏とともに、ジョン・テイラー財務次官、ローレンス・リンゼー大統領補佐官(経済担当)に会った(編集部注:ギトリン氏は英マクスウェル・コミュニケーションなど企業再建の経験が豊富。ギトリン・アンド・カンパニーを主宰し野村証券の顧問も務めている)。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1736文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
事業再生研究機構
整理回収機構
米チューダー・インベストメント社
update:19/09/24