日経ビジネス 2002/11/04号

時流超流・トレンド
ゴーン革命第二幕、目玉は「バリューアップ」 日産加速へ社内外の知恵結集

 不良債権処理を巡る日本経済の混迷もどこ吹く風——。日産自動車が10月23日発表した業績予想は、そんな思いを抱かせる力強さがあった。 2002年9月中間決算の見通しを上方修正し、連結営業利益は前年同期より84%も増えて過去最高の3480億円。連結売上高3兆2800億円はまだホンダに及ばないものの、営業利益ではついに同社を上回った。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3225文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
日産自動車
update:19/09/24