日経ビジネス 2002/11/04号

時流超流・トレンド In the Market
「健全ゼネコン」の奥村組 事業資産がタダになるほど割安

 公共土木事業費が削減される中で、収益回復の展望がなかなか見えないゼネコン(総合建設会社)の1つ、奥村組。東京株式相場が大幅下落を繰り返すのにつられる形で、同社の株価は9月以降400円を割り込んだままだ。 株価は下げても、同社はバブル崩壊の痛手が少ないゼネコンであり、バランスシート(貸借対照表)は今なお健全だ。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1599文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
奥村組
update:19/09/24