日経ビジネス 2002/11/04号

時流超流・トレンド 存亡を賭ける日本経済
竹中案、再度「幻」の可能性も 霞が関の不作為がアキレス腱になる?

 10月28日、竹中平蔵経済財政・金融担当相と大手7行トップとの3回目の会談の席上、竹中氏がいらだつ場面があった。「不良債権問題を終結させることが政治的に重要だ」と述べた竹中氏に対して、前田晃伸みずほホールディングス社長が、「不良債権はいつの時代でも発生する。終結はあり得ない。政治と経済を混同しないでいただきたい」と反論した時である。(6〜8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4572文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
金融庁
金融分野緊急対応戦略プロジェクトチーム
自民党
update:19/09/24