日経ビジネス 2002/11/11号

時流超流・トレンド 存亡を賭ける日本経済
産業再生機構に3つの関門 「不良債権の塩漬け機関」になり得るこれだけの根拠

 「要管理先債権以下の会社に手を入れた(支援した)ところで産業再編には結びつかない」「企業を救うのではなく、事業の再生こそが重要。政府はそこを分かっているのか」…。 11月1日、事業再生の第一線で働いている弁護士や外資系証券マンなどプロフェッショナル約100人が集まった席で、政府が10月末にまとめた「産業再生機構」などの不良債権処理策に対する疑問の声が相次いだ。(9〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4724文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
産業再生機構
事業再生研究機構
整理回収機構
預金保険機構
update:19/09/24