日経ビジネス 2002/11/11号

新製品トレンド リポート
ノンフロン冷蔵庫が一斉に登場 「環境」で成熟市場の争奪戦

 世帯当たりの普及率は98%以上、買い替えサイクルは12年という成熟した冷蔵庫市場が、今年に入り、新たな技術で沸いている。環境対応をうたった「ノンフロン冷蔵庫」を、家電各社が続々と発売しているのだ。 従来、冷却用の冷媒や断熱材用の発泡剤といった冷蔵庫の核となる部品には、フロンガスが用いられてきた。(126〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1923文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 白物家電 > その他(白物家電)
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
【記事に登場する企業】
一橋大学
マネックス証券
update:19/09/24