日経ビジネス 2002/11/18号

敗軍の将、兵を語る 人物
齋藤 四郎 氏[日本コンピュータグラフィック前社長] 会社存続のため創業者は去る

 会社設立から19年。私は地図データの電子化を主力事業とする日本コンピュータグラフィック(NCG)の創業社長を務めてきました。しかし10月16日付で社長を退任、同月22日にはNCGの主要取引先である昭文社が実施した株式公開買い付け(TOB)に応じ、私と、私の妻が代表に就任しているエス・エス商会が持つNCG株式をすべて売却しました。(127〜130ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5420文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
昭文社
日本コンピュータグラフィック
update:19/09/24