日経ビジネス 2002/11/18号

戦略 業績拡大 経営
沢井製薬(特許切れ医薬品製造) 医療費の個人負担増を味方に

 東京証券取引所第2部上場の医薬品メーカー、沢井製薬の株価が高水準を維持している。今年2月の1180円を底にじりじり上昇し、7月には2530円の年初来高値をつけた。その後やや値を下げたが、それでも11月1日現在の終値で1640円と、年初始値の1390円を上回っている。(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6953文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
医療・バイオ > 医薬品 > その他(医薬品)
【記事に登場する企業】
沢井製薬
update:19/09/24