日経ビジネス 2002/11/25号

特集 今なら間に合う事業再生 日立サバイバルプ 第3章
銀行や国には頼れない

事業に着目し再生する新潟鉄工所のケースは、銀行主体の企業再編が限界に来たことを証明した。政府の産業再生機構が時代の変化を見誤った時、巨大な不良債権の塩漬け機構が出現する。 政府の総合デフレ対策で最大の目玉である産業再生機構構想。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6324文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 今なら間に合う事業再生 日立サバイバルプ 第1章(30〜37ページ掲載)
「解散通告」の汚名返上へ 最後のチャンス
特集 今なら間に合う事業再生 日立サバイバルプ 第2章(38〜41ページ掲載)
さらば内需、国を超えろ
特集 今なら間に合う事業再生 日立サバイバルプ 第3章(42〜45ページ掲載)
銀行や国には頼れない
特集 今なら間に合う事業再生 日立サバイバルプ 編集長インタビュー/人物(48〜51ページ掲載)
金川 千尋 氏[信越化学工業社長] 銀行を責めても国は救えない
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
新潟鉄工所
update:19/09/24