日経ビジネス 2002/12/09号

時流超流・トレンド
銀行、自力増資が課題に 竹中工程表は「半年の猶予期間」

 銀行界が戦々恐々として見守っていた「竹中工程表」が、公表された。結論から言えば、銀行界にとっては、「想定通り」「ほっと胸をなでおろした」、というのが正直なところだろう。それは株式市場も同じ。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1427文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
金融審議会
金融庁
トヨタ自動車
日本公認会計士協会
みずほホールディングス
三井住友フィナンシャルグループ
UFJホールディングス
update:19/09/24