日経ビジネス 2002/12/09号

特集 銀行国有化の幻想 背水みずほの「プロジェ 第1章
みずほ、自力再生への覚悟 捨て身で挑むビジネスモデルの転換

 抜本的な不良債権処理策を巡り、竹中平蔵経済財政・金融担当相と金融界との抗争が始まろうとする矢先の今年10月11日、みずほホールディングス傘下のみずほコーポレート銀行で開かれた部店長会議は一足早く、騒然とした雰囲気に包まれていた。頭取の齋藤宏が貸出資産の大幅圧縮というビジネスモデルの大転換を宣言したためだ。(32〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4266文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
みずほコーポレート銀行 
update:19/09/24