日経ビジネス 2002/12/09号

小さなトップ企業 経営
山八歯材工業(アクリル系レジン歯の製造) 「中抜き」で成長、次はアジアへ

 人間の歯は、たとえ部分的にでも損なわれると、自然治癒による回復はあり得ない。虫歯や事故で歯を失った場合には、現在のところ、取り外し式、もしくはインプラント治療による人工歯に頼るしかない。 平均寿命が年々伸びていく中、人工歯の重要性は高まっている。その人工歯の主流となっているのが、プラスチックで作られているレジン歯だ。(64〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3015文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
【記事に登場する企業】
山八歯材工業
update:19/09/24