日経ビジネス 2002/12/16号

戦略 業態転換 経営
明豊ファシリティワークス(建設サービス) 効率化でゼネコン体質から脱却

 単なる工事請負業からの脱却を意味するこの言葉は、不況下の建設業界で頻繁に語られる。バブル崩壊後の1990年代以降、コンサルティングなど建設サービスで手数料を得る「フィービジネス」を新たな収益の柱に育てる動きが活発化しているのだ。 しかし、各社とも期待ほどの成果を上げていない。(44〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4720文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 社名変更・組織変更・本社移転
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
【記事に登場する企業】
明豊ファシリティワークス
UFJ銀行
update:19/09/24