日経ビジネス 2002/12/16号

短期連載 臨界国家 道路膨張の果てに リポート
最終回 瓦解

 直径200mの島に、筒を割ったような2つの突起物がある。一見しただけでは、何の施設か見当がつかない。 実は、この島の下に東京湾横断道路(アクアライン)の海底トンネルが走っている。その排気口として造られたのだ。それでも疑問は残る。なぜ、これほど巨大で仰々しい建造物になったのか、と。 それもそのはずだ。当事者すらいまだその建設に疑念を持っているのだ。(120〜123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5122文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
国土交通省
東京大学
道路関係四公団民営化推進委員会
日本道路公団
本州四国連絡高速道路
若築建設
update:19/09/24