日経ビジネス 2002/12/16号

一刀論断 コラム
外形標準課税NO! 企業競争力を弱めるな 近藤  剛[自民党参院議員]

 法人事業税に外形標準課税を導入しようとする動きが、依然くすぶっています。日本では赤字法人があまりに多く、きちんと納税している企業は全体の3割にすぎない。これでは「税の空洞化」と言うほかなく、公平原則からの逸脱も甚だしいと、財務省や政府税制調査会の理屈は一応もっともです。 しかし一見正しいからといって、だまされることなかれというのが私の主張です。(150ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1722文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
財務省
自民党
政府税制調査会
総務省
地方自治体
update:19/09/24