日経ビジネス 2002/12/16号

時流超流・トレンド 景気読み筋
デフレ均衡を政策のゴールとせよ 武者  陵司[ドイツ証券チーフストラテジスト]

 再び金融危機の様相が強まってきた。景気回復の頓挫も鮮明である。エコノミストの中では悲観論と苛立ち、危機意識が高まっている。さらなる金融緩和によるインフレ期待の喚起、財政出動、不良企業退場の加速によるデフレ圧力の緩和などが提起されている。2つの新事実でシナリオ変更 しかし市場の材料としては、いずれも賞味期限が過ぎている。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1579文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
ドイツ証券
update:19/09/24