日経ビジネス 2002/12/23号

敗軍の将、兵を語る 人物
松谷 孝征 氏  [手塚プロダクション社長] 手塚治虫の夢を形にできず

 この11月、川崎市の臨海地区に建設を予定していたテーマパーク「手塚治虫ワールド」事業を断念しました。計画を進めてきた、地元企業など9社が出資する手塚ワールド企画(TWK)は「川崎みらい企画」に名称変更し、手塚プロダクションも出資を引き揚げます。今後その土地にはロボットを題材とした施設を計画しており、手塚のキャラクターとは関係なく開発が進められる予定です。(138〜141ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5289文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > その他(経営危機・再建)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > 行楽 > アミューズメント施設
【記事に登場する企業】
手塚プロダクション
update:19/09/24