日経ビジネス 2002/12/23号

特集 若年失業の罠 第3章
自業自得と言わないで

とかく「わがまま」の一言で片づけられてしまう若者の仕事に対する思いを、まず知る必要がある。 日本の失業率は実質10%に近づきつつある——。こんな衝撃的な数字がある。第一生命経済研究所の主任研究員、川〓真一郎氏がはじき出した。 総務省が11月29日に発表した10月の完全失業率(季節調整値)は2001年12月と並ぶ過去最悪の5.53%。(39〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4766文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 雇用
【記事に登場する企業】
アフラック生命保険
高千穂大学
第一生命経済研究所
update:19/09/24