日経ビジネス 2002/12/23号

特集 若年失業の罠 第4章
脱無業へ3つの突破口

若年失業問題は、公共事業など従来型の対応では簡単に解決しそうにない。そんな中であえて効果のありそうな3つのキーワードを挙げるなら「派遣会社」「成長期の中小企業」「公教育の見直し」である。 大企業の新卒採用は今後、減ることこそあれ、増えることはない。各社の人事担当者に話を聞いた結果、この点は一致していた。(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5536文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
【記事に登場する企業】
お茶の水女子大学
オンテックス
日本経済研究センター
日本労働研究機構
ニュービジネス協議会
バックスグループ
パソナ
パーソルキャリア
リクルートワークス研究所
update:19/09/24