日経ビジネス 2002/12/23号

特集 若年失業の罠 第5章
ライシュ教授 に聞く 雇用のバランス探れ

低迷する日本経済と大きな差がある米国だが、日本の数歩先を行く未来の「写し絵」とも見える。ことに若年雇用に絡む問題は、米国がたどったのと不思議なほど似通った道を日本も進もうとしている。痛みを受け止めてきたかつての失業大国の教訓は何か。労働経済学の大家、ライシュ教授が語ってくれた。(45〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5256文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 雇用
【記事に登場する企業】
米ブランダイス大学
update:19/09/24