日経ビジネス 2002/12/23号

クローズアップ 燃料電池車 リポート
日本追う米国、欧州は静観 2020年、日の丸は表彰台に立てるか?

 燃料電池車に詳しいある関係者は、今年米国を訪れた際、これまで日本ではどうやっても分単位の起動時間がかかっていた車上におけるガソリン改質を、わずか30秒で済ませる技術を目の当たりにした。コスト面など課題はあるものの、純水素搭載方式が最右翼との見方が強まっている日本の常識を根底から覆しかねないものだった。(164〜165ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3508文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 燃料電池車
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 燃料電池車
ビズボードスペシャル > 環境 > 燃料電池車
【記事に登場する企業】
米ゼネラルモーターズ社
ダイムラー社
update:19/09/24