日経トップリーダー 2002/12/01号

景気
崩れる健保・年金に 抜本的再考を求む 経済評論家——神J倫一

 「企業の寿命は三〇年」というが、あらゆる制度も三〇〜四〇年に一度は洗い直してみる必要があるのではないだろうか。 健康保険、年金、いずれも企業が採用・運営していれば従業員はあまり意識しないでメリットを享受できた制度だが、低成長、少子化、超低金利がその根底をゆるがしている。 まず健康保険。二〇〜三〇年前の健康保険はどこも黒字だった。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1141文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
update:18/08/02