日経トップリーダー 2002/12/01号

アングル
会社の存続を すべてに優先
「後継者」と「事業」の再点検が 承継後のトラブルを防ぐ秘訣

 関東地方の不動産会社のA社は、弟である専務が実の兄の社長に対して起こした株主代表訴訟が原因で、今年八月廃業に追い込まれた。 先代の父親から半分ずつ株式を受け継いでいた兄弟の間では、以前から経営方針をめぐる言い争いが耐えなかったというが、行き着いた先が裁判だった。(40〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4673文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
グラントソントン太陽ASG
ジェイボック
ダイ精研
ベンチャー・テクノ・キャピタル
レコフ
update:19/09/24