日経トップリーダー 2002/12/01号

経営ITイノベーション
セリオ販売(販売効率の向上) 移動店舗の日次・単品管理を実現
バーコード、ノートパソコン、PHSの組み合わせ

 日用雑貨のアイデア商品の店を全国展開するセリオ販売(大阪府富田林市、杉本謙司社長)では、直営、FC(フランチャイズチェーン)合わせて四〇店の販売実績を、IT(情報技術)を生かして素早く集計し、業務効率を上げている。 同社は、イトーヨーカ堂、東急ストア、ジャスコをはじめとする総合スーパーの展示ホールなどにワゴンを並べて特設店を出している。(60〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2508文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
セリオ販売
update:18/08/02