日経トップリーダー 2002/12/01号

核心を聞く
忍び寄る架空取引の誘惑   “普通の会社”が出来心でリース詐欺に加担

リース会社を騙してカネを引き出す“空リース”と呼ばれる手法がある。共犯者が必要なスキームなので、詐欺師たちは普通の中小企業に「良い儲け話がある」とと持ちかける。しかし、うっかり話に乗ったら、手痛いしっぺ返しを食らうことになりかねない。 今年の春、私たちリース業界関係者の間で話題になった企業倒産がありました。(126〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2555文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
update:18/08/02