日経トップリーダー 2002/12/01号

商人の遺伝子
尾張商人
作家/加来耕三挿画/有福辰也

 なぜなら、この大橋屋長左衛門—正確には兄・助九郎の手伝い—が徳川幕藩体制の基盤=士・農・工・商を瓦解させ、“商人あきんど”による武士への優越=下剋上の口火を切った人物であったからだ。 ときに元和二年(一六一六)、大坂夏の陣が終わった翌年にあたる。「—そんな話は聞いたことがない」 読者の中に、首をひねられる方もいるだろう。当然である。(122〜125ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3882文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24