日経ビジネス 2003/01/06号

特集●2003年通年企画 日本経済復活の 新技術で再び 日本アズナンバーワン 第1章
ディスプレーは譲らぬ シャープ必勝三種の神器
PDPは日本の独壇場

何やら透明な基板の上に電子回路が描かれている左の写真は、2002年10月に、シャープが絶対の自信を持って発表した「ガラスCPU(中央演算処理装置)」である。手強いライバルがひしめく液晶ディスプレーの世界で、シャープが他社に圧倒的な差をつけるための「秘密兵器」がこのパネルだ。(36〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12439文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
シャープ
update:19/09/24