日経ビジネス 2003/01/06号

第2特集 2003年版 世界1000社番付 変化する環境に勝て
「真の強さ」を見極めよ キーワードは最終利益と時価総額

 2002年は世界の株式市場が身を縮めた。米ダウ工業株30種平均は、2000年1月につけた最高値から一時4割近くも下落。日経平均株価も19年ぶりの安値水準となった。今回の1000社番付は、こうした株価下落の背景を如実に示す結果となった。減価償却が押し上げるNTT 支払配当金や株価の値上がりなどによって株主にもたらされるトータルリターンは、上位企業でも軒並みマイナス。(156〜157ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2571文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
NTT
update:19/09/24