日経トップリーダー 2003/01/01号

特集 二〇〇三年中小企業生き残りの条件
債務者区分を上げる努力を 金融検査マニュアルを熟読し理論武装せよ

 多くの中小企業が資金繰りに苦しむ中、政府は昨年一〇月、金融再生プログラムを発表した。これにより「国有化」の危機におびえる金融機関が二〇〇三年、不良債権処理を加速し、融資姿勢を一層厳しくする可能性が高くなった。 今年こそ、事業を根本的に見直して再出発を図ろうとしても、その前に金融機関に切り捨てられる恐れが出てきている。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2747文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
信用保証協会
整理回収機構
update:19/09/24