日経トップリーダー 2003/01/01号

社長の決断便利帳
整理解雇を実施する際のポイント

も急増。適切な手順を踏まなかったために、従業員が労働基準監督署に駆け込んだり、訴訟を起こすといったケースも目立つ。整理解雇を実施する際のポイントを解説する。 「三〇日前に予告するか、三〇日分以上の給与を支払えば、いつでも従業員をクビにできる」。こんな誤解をしている経営者も少なくない。(135ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1804文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
update:19/09/24