日経トップリーダー 2003/01/01号

経営実務Q&A
人件費を適正化するために 職務分析で仕事量を把握する
パイン総合研究所 人事労務コンサルタント 高橋 徹

不況が長期化する中で、経営者は人的コスト削減に全力をあげている。しかし、むやみに人員を減らせば業務に支障が生じる恐れがある。それを防ぐためには会社の仕事量を正確に把握して、適切な人員を割り出すことが重要だ。そのための職務分析の基本を紹介する。人件費削減の目安をどう考えればいいでしょうか。(136〜137ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2420文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
【記事に登場する企業】
パイン総合研究所
update:19/09/24